風俗に通う人とそうじゃない人の違いを体験談を元に検証してみました。結果を報告します。

アルコールが入ると風俗に行きたくなる

既婚者ですがどうもアルコールが入ってしまうと、風俗に行きたくなってしまいます。とはいっても、コストが安めの人妻系の風俗店や、ピンサロなどになっちゃうわけですけどね。今回も会社の飲み会の帰りにふと箱ヘルを発見したので突撃してきちゃいました。もう酔っ払っているので、ついているものがついていれば問題ないという感じなんです。ぶっちゃけ顔なんてどうでもいい。プロポーションがあまりにひどくない場合には、興奮出来ます。今回も、次の日シラフの状態でホームページを確認したら、よくこんな女で興奮出来たなと思えるような地味顔嬢が相手をしてくれたっぽかったです。でもバストは小ぶりで形がよく、なんと下はパイパンだったので大興奮でした。プレイスタート時点でシックスナインの体制になり、プレイ中はずっとシックスナインで過ごしていたような記憶がうっすらとあります。こんないわゆる酩酊状態にも関わらず、しっかりと発射させて極楽に導いてくれるんだからすごいですよね。

パイパンの風俗嬢を見ていたら…

出張先で風俗を呼んでみたんですが、なかなかかわいらしい子が登場してくれました。妹系の風俗嬢で、おっぱいもぺったんこ。更に下のデルタ地帯は無網状体という完全な妹っぷりでした。なんだかパイパンのアソコを見ていたら、俺も剃ってみたいなと思い立ち、持っていたT字カミソリとシェービングジェルを出して、俺の毛も同じように剃ってくれるかなとダメ元で頼んでみると、意外なリアクションが。なんとノリノリで「いいですよー!」とキャッキャとはしゃぎまくって下の毛を処理してもらいました。いやらしい手つきのおかげで勃起をしちゃうんですが、ぴくんぴくんと動くものだから、「ちょっと動かさないでくださいよー!」なんて言われながらの剃毛プレイです。無事に傷つけられることもなく、パイチン?状態にされました。ついでにアナルの周辺も綺麗にしてもらい、時々痛みを感じながらもスッキリとした気分でプレイを終えました。思いついたにしてはかなり興奮出来たプレイでした。

3年ぶりに復活したお気にの風俗嬢

結婚を機に引退をしたお気に入りの風俗嬢がいたんですが、最近風俗業界に復活しましたと営業メールが来たので行ってきました。まだ引退してから3年ほどしか経過していないのに、かなり素早いカムバックだなと感じつつ、嬢の元へ。以前はソープランドでしたが、デリヘル店でのカムバックです。3年前よりもちょっとボディのムチムチ感が増していましたが、誰が見てもいい女だなと思えるようなルックスレベルの高さは相変わらずで安心しました。なんでもスピード離婚をしてしまい、シングルマザーになって働く必要が出たということでのカムバックのようです。3年を経過しても、彼女の方はこちらの性感帯を熟知している模様で器用に手と舌を上手に使い発射に導いてくれます。さすがの一言ですが攻守交代をしてこちらが攻める番になり、攻めていると以前と反応が違う。出産を経験したことで体質が変わり、敏感体質になっちゃったと言っていましたが、彼女とのプレイで初めて潮吹きさせちゃいました。